[徳島3] 大塚国際美術館ざっくり

  • 2012/10/14(日) 11:15:09

行ってきました、大塚国際美術館。

大塚国際美術館_外観
xiaostyle 大塚国際美術館

大塚製薬が、徳島の白浜の砂を使って質の良い陶板を作れるようになったのは
いいけどオイルショックで何も売れなくなっちゃって、美術作品のレプリカとか
保存性も高いしいいんじゃね、って始めて最終的にこうなった

‥って感じのことがパンフレットに書いてありました。
せっかくなので世界の名画(ぜんぶ陶板でのレプリカ)を取りそろえてみたのが
この美術館らしいです。

すごかったです。

なんていうか、もう、やりたい放題です。価値観が崩壊します。


大塚_看板

入り口前に万国旗が並んでいましたが、世界25カ国の名画がそろってるよ!
ってことらしい。

うん‥そのぐらいあるよね。
どうしてもヨーロッパ寄りだけど。

大塚_夜警
レンブラントの「夜警」の前で

じゃー、がんばって色々見て行きましょうか。



続きを読む





[徳島2] 月と日のテラス(ルネッサンスリゾートナルト)

  • 2012/09/30(日) 20:18:15

お宿から見た、太陽と月と海の話。

今回の旅行の目的は「大塚国際美術館」。
そこに近いという1点の理由だけでルネッサンスリゾートナルトというホテルに
したんですが(なぜか職場の方にも勧められましたがw)、これが物凄い大当たり!

何が良かったって、オーシャンビューのベランダ。

ルネッサンスリゾートナルト室内

暑くもなく寒くもなくという非常に季候の良いタイミングでの旅行でしたが、
このベランダで何もしないでのんびり過ごす時間が本当に贅沢でした。

夕刻の鳴門

夕月の海。

座ってぼーっと眺めていました。左上に夕方の月。
湘南育ちからすると不思議なぐらいベタつかない風。すごく爽やか。

本当は写真以上の絶景です。

+ + +

試しに調べたら出てきました↓

楽天トラベル:ルネッサンスリゾートナルト、口コミのページ

口コミの多さが利用者数の多さを物語りますね。
周辺のホテル・保養所らしき施設には閉所してしまって物悲しくたたずんでいる
ところが散見されました。渦潮の見所や美術館など観光スポット以外、周囲には
何もありません。本当に何も。
勝ち残るもの、破れて去るもの、明暗がはっきりしてしまうようです。

+ + +

海が俺を呼んでるぜ

潮騒を背に。

お茶を淹れてベランダでまったり。
茶葉というよりうつわが悪く、あんまり美味しくはいただけませんでしたが、
この海を前にすればお茶の味なんて些末事に転落。なんてこった。

部屋のすぐ側で氷のサーバーがあったので、主にアイスティーで飲んでました。
このあたりのお茶というと阿波晩茶なんですが旅の間見ることはありませんでした。
他の名物押しがすごかったのに一切なかったということは、あんまり現在は
飲まれていないんでしょうか。残念です。



続きを読む





[徳島1] 旅するこうのとり

  • 2012/09/30(日) 14:09:21

徳島にある大塚国際美術館に行ってきました。

写真の相棒にカピバラさん(のぬいぐるみ)を連れて行こうと思ったんですが、
なぜか見つからず、物産館でいただいた兵庫県豊岡市のこうのとりのストラップを
連れて行きました。

旅立ち
飛行機を待ちながら

羽田の搭乗口近くで一枚。
こいつ自立しないんでえらく写真が撮りにくい‥
けれど足が組めます。イラッ☆指数アップ。

羽田発徳島行き

飛行機はこいつ。
ANA 283便、ボーイング737-800。

つい先日JALの航空教室(←公式サイト)に参加して、
まさにb737-800の機体を目の前にウィングレットの解説を聞いたので、なんか
その偶然に感動してしまいました。(ごめんね、乗るのは結局ANAで!)



続きを読む





夕焼けチケット

  • 2012/09/26(水) 18:45:26

そのチケットは不定期発行。
毎日出る時もあれば、一週間発券がない時もある。

地域ごと、一人ずつに手渡されて、使うかどうかは自分次第。

ちょっと夕焼けを見に、一瞬だけ外に。

夕方、西の空

今日のそら。

プラネタリウムとかにわざわざ出かけるのもいいけど、毎日の夕焼けも目眩が
するぐらいのスペクタクルな天体ショーだと思う。


今の仕事では、毎日、日没後に会社を出ます。
見ないまま捨てられていく夕焼けチケットが大量に出るのが切ない。

かといってそれだけを優先して仕事を変わる勇気もなく‥‥


けれども、まずは。
この夕日を大事だと感じる気持ちはなくさないように覚えておこう。





TOKYO STATION VISION(9月22日、23日夜)

  • 2012/09/22(土) 10:55:28

東京駅丸の内駅舎の完成で、この土曜と日曜の二日間、
「Tokyo Station Vision」という、壁面へのプロジェクションアートの上映が
あります。

TSVチラシ画像
※オフィシャルからチラシ画像いただきました。

エッフェル塔なんかでもやっていた、構造物の形をベースに作品をデザインして
実際の建物そのものに映像を映し出して動かすタイプの映像作品です。

要は、東京駅の壁があれこれ踊り出すよ!ってイベント。

22日(土)、23日(日)の夜に、それぞれ20:00、20:20、20:40の3回ずつ上映。
昨日の21日の夜にプレス向けのリハーサルがあったので、近くのバーに陣取って
上映されるのを待って見物してきました。
<プレスじゃないけど、隠しようのない規模なので通りかかったら誰でも見られる

なんとカメラ忘れました‥
仕方なく3時代か5時代ぐらい前の200万画素ぐらいの携帯カメラで撮影。

トーキョーぴかぴか

チラシのシーン近く。

こーれは楽しい!

何気なく窓々に人が歩いている様子が見えるようになるところからプログラムスタート。
全体で10分間弱のプログラムで、3部か4部構成でした。
最初のパートが「線路は続くよどこまでも」なんですよ!選曲良すぎるって。

次に和(日本の四季?)を意識したらしいお琴と和風デザインのパートがあり、
その後で音楽の操作卓‥詳しくないけどミキサーとかシンセの画面っぽいやつを
イメージしたテクノ系の音楽とビジュアルになって(このへんSuicaの使い方が
秀逸!)、最後に東京駅の時間を重ねたようなプログラムで終了。

Youtubeにも上がり始めているけど、これは現場で見た方が絶対楽しいです!
日本でここまでの規模の上映は初めてだそうですよ。お暇な方はぜひ♪

公式サイト
http://www.nhk-ep.co.jp/vision/

NHKエンタープライズか‥流石。NHKの研究所すごいよね。


tokyoの文字

最後にTOKYO STATIONの文字が出るのが王道でとってもイイ。
雨?雪?の降るような効果が素敵でした。