再びの花蓮:華山茶行

  • 2013/06/22(土) 18:29:30

今年も行ってきました、台湾は花蓮県。

花蓮駅

去年のレポート、途中で力尽きて立ち消えになっていて、お店に行ったところまで
書けなかったのですが、素晴らしいお茶屋さんに出会いました。
どのぐらい良いお店かというと、ここでお茶が買えるからもう台湾でも日本でも
もう他のお茶屋さん行かなくていいかなと思ってるぐらいです。去年の初回来訪で
そう感じて、一年経っていくつか余所を巡った今もその思いは変わりません。

それがここ。

華山茶行1

華山茶行。
日本人が営むお茶屋さんです。

実は毎回店名忘れます。たぶん知ってる方には「花蓮の兼子さん」の方が通じます。
週末を使って台湾入りして、二日間たっぷりお茶を頂いてきました♪



※太魯閣渓谷は土砂崩れでした

本当は、前回はまったく花蓮での時間が取れなかったので、次に来る時は屈指の
景勝地である太魯閣渓谷(タロコ渓谷)にも行きたいなと思っていたのですが、
2013年6月現在、この太魯閣、土砂崩れで立ち入り禁止。

何十台も重機が投入されているものの、上からちょっとずつ作業を進めなくては
いけないため、それらの機材と人員をフルで使える状況ではとてもなく、復旧まで
何ヶ月もかかりそうな見通しという話です。

もともと安全性には疑問のある場所で、こんな記事でも紹介されちゃってたりします。
ロケットニュース「【永久保存版】 絶対に行くな!世界の危険な道路11選」

台湾なので無理したら行けなくはないんでしょうが、今回は大人しく見送りです。
あたりは石灰質の地層で、事故の後で通った方によれば、一帯の景色が木々も岩も
みんな真っ白に粉をかぶっていたということでした。

というわけで、心置きなく?今回は旅行の目的をこのお茶屋さんだけに絞ることに
しました。太魯閣は来年か再来年、また花蓮に行った時に、行けそうなら遊びに
行ってみたいと思います。

華山茶行4
店内にて。自宅でできる焙煎方法も教えてもらいました。


・戦果!

では、買ったお茶を記録がてらご紹介。
おまけでつけていただいたものも含みます。

これまで自分の中でお茶の評価が定まるまでこの辺は公開していなかったのですが、
記録しとかないと、結局、後でわけがわからなくなるという事実を痛感しだした
お茶歴十余年生。

華山茶行のお茶1

華山茶行のお茶2

脈絡ない写真になってますが、ざっとこんな感じ。

・文山包種、安いやつ大人買い(250g×2で500g)
・凍頂茶(鳳凰山)100g×3、これも安い
 下の写真にある緑色の包みは、冬片100g

・紅香春露100g
・蜜香紅茶100g

・阿里山、二種(珠露のもの100g×2、同じく石棹で王さんのやつ150g×1)
・杉林渓100g×2
・梨山(福寿山)100g×2
・大禹嶺100g×2

・老八仙(木柵とか焙煎茶とかあれこれ試飲して全然買わなかったら出してくれた)

美味しくても好みじゃないお茶を買って帰っても飲みきれないと自分に言い聞かせ、
身を切る思いでチョイスした結果。
この凄まじさで、日本円で3万円とかそんな程度です。卸価格で頂くありがたさ。
コムギコカナニカ的なパウダーではありませんが、末端価格で考えると目眩がしたりw

このほか、買わなかったけど飲んで印象に残っているのは、

・探春の名前のついた金萱茶
・柚子花着香のされた紅茶と烏龍茶
 (それぞれジャスミン茶のように花から香りを移す製法)
・凍頂5年熟茶
・阿里山の金萱

あたり。

華山茶行2

一日目は到着した18時から22:30頃まで、二日目は15:00頃から21:30あたりまで
ずーっと居座ってお茶を頂いていました。紅茶飲みながら、「この辺はあの人にも
飲んで欲しいんだよね」とおっしゃるので、思わず「〇〇さんですか?」と聞き返して
しまったら、得たり、という感じでにやっとされてしまいました。
(ももっちさん、呼ばれてますよ…!)
と思ったら、後日メルマガで名指しされてました。一本釣りだw

※華山茶行のお茶の素晴らしさは、紅茶水楼館のももっちさんのレビューが一番
 よく伝わります。良かったらぜひ↓

ももっち@紅茶水楼館の走り書き
【台湾旅行記2011年(秋)】第16回「全く期待してなかった花蓮でイイお茶発見!&"コネ"の強さを知る」


華山茶行3

初日、お夕飯を食べていなかったので、気を遣って奥さんがお茶請けを出して
くださいました。旦那さんは茶の味が分からなくなると渋い顔。
緑のやつは、ひょっとしてと思ったらやっぱりわさび味。
海外、特に中華系の文化でのわさび味ってかなり強烈ですよね(笑)
どっちもとっても美味しかったです。
お上品にいくつかしか食べなかったけど、まめやのお豆さんが好きな私としては
ジップロックを取り出したくなりました。きっと花蓮で売ってるんだと思うけど
どこで買えるか聞けば良かったな。この後、マンゴーやフルーツも振る舞って
いただき、二日目はお夕飯までご一緒する始末。
本当に何から何まで頭が上がりません。

詳しいレビューは、余力があればまた今度。

台湾恒例

恒例の、一人マンゴー祭りをしたら帰国です。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

お茶屋さん

私もいきましたとても親切な御夫婦でした

  • 投稿者:
  • URL
  • 2013/12/01(日) 11:36:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する