[徳島1] 旅するこうのとり

  • 2012/09/30(日) 14:09:21

徳島にある大塚国際美術館に行ってきました。

写真の相棒にカピバラさん(のぬいぐるみ)を連れて行こうと思ったんですが、
なぜか見つからず、物産館でいただいた兵庫県豊岡市のこうのとりのストラップを
連れて行きました。

旅立ち
飛行機を待ちながら

羽田の搭乗口近くで一枚。
こいつ自立しないんでえらく写真が撮りにくい‥
けれど足が組めます。イラッ☆指数アップ。

羽田発徳島行き

飛行機はこいつ。
ANA 283便、ボーイング737-800。

つい先日JALの航空教室(←公式サイト)に参加して、
まさにb737-800の機体を目の前にウィングレットの解説を聞いたので、なんか
その偶然に感動してしまいました。(ごめんね、乗るのは結局ANAで!)



ウィングレット
ボーイング737-800 ウィングレット

この、翼の端の、ぴょいっと上がってる部分がウィングレット。
飛行機の翼では翼の下側と上側の気圧差を利用して揚力(上にあがる力)を
得ています。このとき同時に、気圧差のせいで翼の端っこに余計な空気の渦が
できてしまい、飛行に対しては邪魔になります。
この立てた小さな羽根、ウィングレットはそれを減少させる工夫のひとつ。
渦の位置を上に移動させて・渦の力を減少させて、飛行の邪魔にならないように
したものだそうです。

すげー

ウィングレットさんマジかっけーっす。
787では折り上げるのではなく後方へたなびくような別のスタイルの翼になってます。
あちらはレイクドウイングチップと言うそうな。

あ、富士山だ。←左上にうっすら

富士山、肉眼で見るともっと大きくて素敵です。
ついつい写真を撮っちゃう。

ウィングレットと富士山

右下に富士山

笹寿司

地上で買った空弁の笹寿司をつまんだら、あっという間に徳島到着です。

この日は香川の方が空港までピックアップに来て下さって、少し喋ってホテルまで
という話だったのですが、せっかくだから鳴門公園でもーと普通に車で鳴門観光して
くださいました。多謝!

四国上陸

うーん…
こういう土地だと、車ないとなんにもできないね♪(分かってたけど)

徳島の海

海きれい! 風が気持ちいい!!

小鳴門橋のあたりから。

ちょうど時期が良かったんだと思いますが、ものすごく季候が良かったです。
温度は関東と同じか若干高いぐらい。
ただ、湿気がなくカラリとしていて実に爽やか。

ぐるぐる

鳴門と言えば「うずしお」。
せっかくなので、大鳴門橋の遊歩道で渦潮を見てきました。ぐるぐる〜

条件がいいと、本当に洗濯機みたいな渦が見られるそうです。
月の満ち干は大潮前でわりと好条件でしたが、私たちが行った時は時間が少し
満潮より早かったです。

渦の道

こんな風に、見頃の時刻が出ています。
パンフにも潮の満ち干のリストがずらりと並びます。なんとなく国立天文台の
色々な暦を思い出してしまうw(本質的には同じですね)

「渦の道」の「の」が渦巻きで可愛いですね。
あっちもこっちもデザインが渦。隙あらば渦巻きが出てきます。

うずの欄干

大鳴門橋を望む広場にある欄干はこんな感じ。

なるとQoo

自販機のQooだって渦巻きです。

自然のポンプ

こんなにいつも空気が混ぜ込まれているなら、海中の酸素濃度は高いんだろうな。
青潮とかの被害に強そうです。旨い魚が捕れそうだ(じゅるり)




徳島のうどん

空港の近くで軽く食事しました。

香川県民と差し向かいで食べる徳島のうどん。
ちなみに私は両親が讃岐出身。
お互い特に味についてはコメントせず。でも旨かったっす。
あ、先日送っていただいた日の出製麺の生うどんありがとうございました。

徳島県と香川県って仲良いんですかー
あー、早明浦っすか。そこんとこは頭が上がらないっすね‥。主に高知に。

・早明浦ダム(さめうら・だむ)

高知にあるダム。四国全体のどでかい水瓶。
作る時、香川県は金を出さなかった。出来たところで水は要ると主張。何様。
高知県は作るのは大変だったけど元々そこまで水に困らないので水の配分は控えめ。
愛媛も瀬戸内で雨不足になりやすい割には香川ほどこの問題に熱くならない。
(高い山の保水力もあり人口も集中していないのであまり深刻な事態になりにくい)

徳島は治水・生態系維持のために吉野川から河口へ一定量の水の放流を行う。
正直なところ台風前には洪水が怖いからダムの中は空っぽの方がいいというスタンス。
一方で香川はとにかく雨が降らない・大きな川がない・なにしろ水がない。
なので、飲み水やらうどんを茹でる水やら「使う」水が毎年足りない。ダムの中は
できるだけ水があった方が安心できる。(洪水とか起こらないし)

お前んとこダム造りに金出さんかったが!もともと吉野川はうちんじゃ!
という実に真っ当な徳島さんの主張と、そうは言っても水がなきゃあ困るんやきに、
捨てるんやったら寄越せや、の開き直り香川さんの間で、色々と因縁あり。

※瀬戸内の雨事情
:北に本土、南に四国山脈があって、瀬戸内までやってくる根性のある雨雲が
 少ない。天気予報を注意して見ていると周りが雨で瀬戸内だけ晴れって状況が
 結構頻繁にあります。




観光が済んだらホテルで降ろしてもらってお別れ。
Uさん、わざわざ隣県から本当にありがとうございました!




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する