台湾つれづれ[10:花蓮、手に余るほどのマンゴー]

  • 2012/09/17(月) 14:04:13

夏に台湾に来たらこれをやらなきゃね〜♪

まんがう!

ホテルでマンゴーを食す!朝ご飯はマンゴーです。

れーっつ、ぱーりーッ♪

ぐっとこらえて二つしか買わなかったよ、偉い?えらい?
両方で1kg 超えてるけどね!

花蓮では、やはりとってもマンゴーが安い。どのお店で買うかとても悩みましたが、
ここはひとつ贅沢をしてみることにしました。
つまり『一番高い店で、一番高いマンゴーを購入』。これです。



ここにしよう

このお店にしました。
市場ではなく、市街地に近い普通の店舗です。
奥に大型の冷蔵庫があり、地方発送のための化粧箱が陳列されていました。
おつかいものを考えた品揃えならそこまでの間違いはないでしょう。

当然ですが手前の方が安く、奥が高い。
写っているマンゴーは、手前が100元/4斤(2.4kg)に、その奥が100元/3斤(1.8kg)。
100元はおよそ300円です。見た感じかなり綺麗。

欲しい!

店先のお勤め品のたたき売りだとこんなのも。
1ヶ10元(30円)! うわああぁ、どのぐらいの品質か食べてみたい!

これでも市場側だともっと安いのがあるんですよ。その分ロットが大きいですが。

食べられる量には限りがあるので、泣く泣く断念しました。
買いすぎると後がきついのはいろんな場面ですでに経験済みです。農家さんに
申し訳なくなること請け合い。

食べ物を義務感で食べないこと。
作って下さった方に失礼なことをしないこと。
幸せを感じられる範囲でがっつくこと。これが私の信条です。

時間と胃袋の余裕から、食べられるのは2個。
種類は愛文と金煌で行きましょう。(愛文芒果=アップルマンゴー)

愛文65元

愛文はこれ。
65元/斤なので、600gで200円弱。

日本に入ると一個3000円とか5kg一万円とかすごいことになりますけど、
(楽天で台湾マンゴーを検索してみるとこんな感じ。ブランド維持と輸送費が
大きいんだろうな)この土地の物価では結構いい値段です。

持った感じひとつでペットボトル一本分に近い重さがあります。
とりあえず60元ぐらいと考えると、12小籠包か。

宮崎のブランド「太陽のタマゴ」は糖度が一定値を満たしていて見た目が
美しく、重さが350g以上のアップルマンゴー、でしたっけ?

金煌39元

ペリカン種の王様、金煌マンゴーはこちら。
39元/斤で、600gあたり120円ほど。

かなりのデカさ。
あ、ちなみにどちらも果物ネットがかかってましたが、これは結構珍しいかも。
高級感漂ってます。

ここからひとつずつ選んで購入。宿に持ち帰りました。
金額のメモを忘れてしまったんですが確かふたつで90元ぴったりだったと思います。
鶴亀算(連立方程式)で答を出すには材料が足りませんが、どうも端数を丸めた
っぽい数値ですね。

手に余る

ずっしり。
むせるような強い香りです。

片手だと重い

支える左手がちょっと震えるほどの重さ。
手に余るマンゴーって‥なんという幸せでしょうかw

手首の腕時計が写っているのはカメラを引いて距離を取ったからです。
金煌はちょっと引かないと綺麗に画面に入りませんでした。

金煌(カット)

持参したナイフでカットして、皮を剥いてかぶりつき。
マンゴーというと、この三枚おろしにした舟形の状態から切り込みを入れて
皮を起こし、さいの目で浮き上がった果実を切り取るorかぶりつくというのが
一般的な方法ですが、この舟形の状態で皮を剥いて、おせんべいのように
かじるのが私は大好きです。
(愛文だとおむすびっぽくなる)
ジューシーさが口に溢れて、ものすごい贅沢な気分になれるの。

甘い、旨い、幸せ!

愛文芒果の骨

こちらは愛文マンゴーの、三枚おろしの「骨」の部分。
これも外の皮を取ったらがじがじと可食部をかじり取りました。

美味しかった‥

おなかいっぱいです。
贅沢を言うと、甘さが強いので冷やせるともっと良かったですね。かき氷って
本当に良く出来たマンゴーの食べ方だと思います。

台北から少し南に出るだけで、本当にマンゴーって安くなるんだなぁ。
日本でいっぱい稼いでまた来ようという気分になります。ここで住んでみたいと
思うこともありましたが、今は日本で稼いで台湾に落とすのが私のベストだと
考えています。

ごちそうさま。

お風呂場で顔と手を洗ったら、部屋を片付けて出発です。





この辺↓の写真を見ると、両手で持っていますね。でっかい。
宮崎の高級マンゴーはこんなに大きいのかな?今度千疋屋でサイズを見てみよう。




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/10(水) 17:09:00

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/15(月) 01:12:45

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する