なんかごめんなさい (一太郎2011創 買いました)

  • 2012/02/08(水) 23:19:18

昨年末、使っていたノートPCが壊れました。
画面がつかなくなる(しかもディスプレイ側ではなく、マザーボード側の出力の
問題)という、復旧のしづらい状況。だましだましバックアップだけ救出したら、
すぱっと新しいのに買い換えました。


そんで無事いつも通りの生活をしていたんですが、関連して、昔のシリアルが
紛失してしまって完全に再購入になったものが一つ。



ジャストシステム 一太郎2011 創 スーパープレミアム 特別優待版
このショップの価格で22,838円(送料無料)。
ちなみにヨドバシで買いましたがだいたい同じ値段でした。

「特別優待版」ってのは、ワードが入っているPC向けのパッケージです。
他に、バージョンアップ版やアカデミック版、通常版があります。

ワープロソフト一本で2万円超え。
2月10日から型遅れになるソフトとして決して安くない代物。

いや、むしろ高いと言ってもいいです。

何しろ、Microsoft Wordを持っているから「特別優待版」を買うわけで、
つまり文書作成ソフトがある環境でなおワープロソフトに2万円
充分高額ですね。
でも敢えて言い換えましょう。
Wordがあってなお2万円出しても欲しいワープロソフトが一太郎だと。

暴言と知りつつ吠えます。

Wordが扱うのは文書であって文章じゃねぇ!

好きなんだよ。ほっとけよ。ちぇ。



本日、会社で声がかかりました。

「三月さん、このメールに添付されてたファイル開けないんだけどどうしたら
いいと思う?」
「拡張子はなんですか?」
「jtd‥ってなってる。テレビ番組の台本なんだけど」

(あー、なんかすみません‥)

「一太郎ですね。私のPCの方にビューア入ってるんで転送ください」
「あっ、一太郎!? なんか、たまーに来るよねー」
「……台本が縦書きだから一太郎使ってるとかでしょうか。印刷出します」
「ワードに貼り付けできない?」
「二段組みに縦書きで、ト書きとの一致が崩れると思いますのでちょっと
厳しいかと‥。スキャンでPDFにして関係各位に私から回しておきますから‥」
「どうして一太郎なんか使うかなぁー。もう」

「なんか、ほんと、すいません‥‥(泣きそう)」

「は?」

一太郎ユーザーの皆さん。
せっかくPDF化機能がパッケージされてるんだから、外に出す時にはPDF化を
かけましょう。せめてお仕事の時には!

マイノリティであることは罪悪ではありませんが、迷惑をかけちゃなんねっす。

※メール本文を確認したら、一太郎であることのお詫びが添えられていました。
 見られなかったらご連絡くださいって、見られないです普通。


 + + +

一太郎ライフは快適です。

前に使っていたのが一太郎13なので、十年近く前のもの。
さすがに、かーなり進化してました。

背景デザインはあんまり好きじゃないと思ってたけど、木目調が綺麗でちょっと
イメージ編集のまま使ってみていますが、意外と操作性も良くいい感じ(笑)

そんで、ブックマーク機能が超便利。
(上手くなりたいと思いつつも)アウトラインを使って文書を作るのがあまり
得意ではないので、見出し機能とも違う、この簡便なジャンプ機能は最高。
普段は余計なパレットやリボン、アイコン、ツールボックスなどはできる限り
表示させたくない私ですが、パレット出しっ放しです。

ソプラによるポメラとの連動は正直だめだめですね。
ちょっと色気出して機能増やしてみたって程度。リソース食うだけマイナス。
やるなら本気でやれ。

2月10日に「一太郎2012 承」がリリースされるこのタイミングでなぜ「2011 創」の
しかもプレミアムにしたかと言うと、

一太郎oreplug
パーソナルポータブルガジェット 一太郎ポータブル with oreplug(オレ・プラグ)

がついてくるから。
これ、何かというと「USBフラッシュメモリに一太郎のソフトが入ったもの」。
つまり出先の一太郎が入っていないパソコンでも一太郎で作業できるように
するための『持ち運び一太郎』。

単品でも買えるけどこれがまた1万円もする(笑) 嗚呼、囲い込み産業。

承の方はプレミアム特典でスキャナがついてきますが、そんなのいらないので
まだ市場に創があるうちにと創を購入しました。

内容的には承も悪くないと思うんだけどね。
でも私は電子書籍を作りたいわけではないから、欲しくなってからバージョン
アップでいいやと判断しました。
そしてきっとまた10年このまま使い続けちゃったりするんだろうな。

リンク:楽天市場で一太郎2012承を安い順に検索

もう価格差があるんだ。
ちょっと意外。発売前って結構一律で定価なのかと思ってた。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/20(土) 10:41:29

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する