DIVERSITY:vol3@三軒茶屋stage pf

  • 2009/03/18(水) 18:20:29

DIVERSITY:vol3@stage p.f にお邪魔してきました。

Live & DJイベント+写真のスライドショー、マジックもあるよ

という内容。

izone550_夜の住人

ひらいた扉 Polaroid izone 550 


暗闇を撮った写真って好きです。
ただ撮るのが難しくて手ぶれしまくることが難点(笑)




写真を提供したヤッチマウカ!へのリンクはこちら

今回は233写真部としての活動なのかな?
コアメンバー同じだと思うのでどちらでもいいのだと思いますが。

izon550_写真はイメージです。ぶれてても気のせい

上映中 Polaroid izone 550

当初の予定を超えて、なんと400枚もの写真が投影されたそうです。
私は時間の都合で中座させて頂きましたが、それでもすごいボリュームと
見応えでした。

PC上で見る印象と、スライド映えする写真ってまた違うんですね。
ちょっと勉強になりました。

しかし、同好の士が集まるっていいですね〜♪
お店のテーブルに載っていたのは、お酒のグラスよりカメラの数が多い始末。
机の上のカメラをとっかかりにお声をかけると、すぐに輪に入れて下さって
楽しい時間を過ごさせて頂きました。
オンラインで交流はあっても実際にお会いしたことのなかった方にも
お目にかかることが出来、実り多い出陣となりました。(勇気を出して
テーブルに乗り込んで良かった(笑))
三月うさぎ、予想より結構若かったらしいです。
ブログを読んで下さる方にはどのぐらいの年齢だと思われてるのかしらん?


演者の藤山晃太郎さんオフィシャルサイト?はこちら

後の方でやるのかと思っていたマジックが最初にあり、それも、なんと手妻
(=和妻・日本古来の奇術芸。私は手妻の方が馴染みのある呼び方なので
こちらで統一します)でした。
生で見るのは初めて。
すごく楽しかったです。そして綺麗だった。
ロープマジックとか箱からの出現とか、基本は西洋のマジックと変わらないの
ですが、不思議さよりも動きとしての美しさが洗練されている印象ですね。
特に金属の輪(いわゆるチャイニーズリング)の手順は滑らかで素敵でした。
手妻では元々、南京玉すだれのように口上を述べながら色々な形や動きを作る
見立ての芸だそうですが、繋がったり離れたりのプログラムでした。
口上のある方も見てみたいなぁ。
手の握り方ひとつで自在に動く輪っかがとても流麗でした。

投げ銭形式だったので3千円いれようと思ったら千円札が1枚しかなかった。
ごめんなさい5千円出せる太っ腹さが足りませんでした_| ̄|○

舞台の終了後、Magic of MAGICって公演のチラシくれました。
おもしろそう。でも日程近いなぁ。
手品ってあんまり連続して見ない方がいいような気がしたり。驚きや恐ろしさって
重なると麻痺しません?


stage p.f へのリンクはこちら

このお店は知人がピアノを弾いているので一度行きたいと思いながら早幾とせ。
そっちには関係のない写真イベントで行くことになっちまった(笑)
ごめんよ、あなたの曜日はずっと仕事があったんだ。今度遊びに行くね。


主催のギャラリー世田谷233へのリンクはこちら

pfは元々、日曜日がお休みだそうです。
それを利用しての共同開催。
ドリンクのチャージも500円、入場も無料と大変格安のイベントでした。
233のマスターによると、これから月に1回のペースで、類似イベントを行う
予定なのだそうです。楽しみですね♪
ただ三軒茶屋って私の自宅からはアクセスが悪いんですよねぇ‥
233でのイベントもいつもそのせいでなかなか行けなくなったりします。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する