第8回地球にやさしい中国茶交流会

  • 2012/10/20(土) 22:23:47

行ってきました、第8回地球にやさしい中国茶交流会
場所は東京都立産業貿易センター浜松町館。
本日2012年10月20日(土)と、明日21日(日)の二日間の開催です。

第5回中国茶交流会
会場マップ(クリックで拡大)→公式サイト出展者一覧

前回行ったのが2010年12月5日の第5回
なんかまぁ、向かう道すがら、会場的にも色々思い出して辛かったわけですが‥

そんな個人的な理由で離れていた地球にやさしい中国茶交流会ですが、
行ったらやはり楽しかったです!イベントとしてこなれてきていて安心できる
雰囲気になっていました。なんだろう、何が違うわけでもないんだけど
お客さんとイベンター・出展者側のバランスが良くなった感じ。

ワンコイン茶席は行った時には行ってみたいものの席が残っていなかったので
参加せず、フリーマーケットをそぞろ歩いてきました。


以下、買ったものなど、こもごものメモ。



続きを読む





[徳島4] 大塚国際美術館の美女達

  • 2012/10/14(日) 14:05:46

大塚国際美術館探訪記その2、美女特集。

美女の判断基準は私の独断です。

女性の絵という縛りだけでも膨大な量と質でした。有名どころだとフェルメールの
真珠の首飾りの少女やミレイのオフィーリア。もちろんダヴィンチのモナリザや、
コローの真珠の女もありましたので、これでベアトリーチェ・チェンチの肖像
(グイド・レーニのやつ)があったら完璧だったんじゃないかと思う。

大塚_ワッツ

ワッツの「希望」。
これ本物もう一度みたいなぁ。収蔵はテート。イギリスか‥円高のうちじゃないと
きついかな。

大塚_ロシアのモナリザ

イヴァン・クラムスコイ「見知らぬ女」。
すごい美人。
高いところに架けられていてアオリになっちゃいました。見下ろされ感、倍増し。

大塚_ゴヤ

ゴヤ「ボルドーのミルク売り娘」。
大好きな絵です。ゴヤはどちらかと言えば苦手なんですがこれはとても好き。

なんと大塚国際美術館、ゴヤの家の配置再現がありました。あれですよ、
我が子を食らうサトゥルヌスが食堂にかかってる家。
真っ暗で怖かった‥。でもなんだかユーモラスな感じもして不思議。

見てたら、入ってきた瞬間の女性親子から「うわっ」「キモッ!」の声。
デスヨネー的につい笑っちゃいました。



続きを読む





[徳島3] 大塚国際美術館ざっくり

  • 2012/10/14(日) 11:15:09

行ってきました、大塚国際美術館。

大塚国際美術館_外観
xiaostyle 大塚国際美術館

大塚製薬が、徳島の白浜の砂を使って質の良い陶板を作れるようになったのは
いいけどオイルショックで何も売れなくなっちゃって、美術作品のレプリカとか
保存性も高いしいいんじゃね、って始めて最終的にこうなった

‥って感じのことがパンフレットに書いてありました。
せっかくなので世界の名画(ぜんぶ陶板でのレプリカ)を取りそろえてみたのが
この美術館らしいです。

すごかったです。

なんていうか、もう、やりたい放題です。価値観が崩壊します。


大塚_看板

入り口前に万国旗が並んでいましたが、世界25カ国の名画がそろってるよ!
ってことらしい。

うん‥そのぐらいあるよね。
どうしてもヨーロッパ寄りだけど。

大塚_夜警
レンブラントの「夜警」の前で

じゃー、がんばって色々見て行きましょうか。



続きを読む